研修のご案内

2018年09月13日 東京本社 貿易基礎講座【応用編】 ボトルワインの輸入手続きについて
line
場所 東京都港区虎ノ門2-1-1 商船三井ビル内会議室
開催時間 18:30~20:30(途中休憩あり)
講座内容 今ではすっかりお酒の定番の一つとなっているワイン、
どのように日本に輸入されているかご存知ですか?
飛行機?船?輸送手段の想像はつくかもしれませんが、
どのような手続きを経て、消費者の手元に届いているか。
実は、とても細かい手続きが行われています。

本講座では、貿易講座の応用編として、
ワインの輸入事例をもとに下記の輸入手続きの解説を致します。

・ボトルワインの関税
・ボトルワインに関わる他方令

この講座を受講した後に、ボトルのラベルを見て下さい。
ワインのテイストに関する情報を見るだけでなく、
輸入手続きはどうだったのだろうという目線で見るのも面白いと思いますよ。

講師:春山 利廣 氏 (東海大学非常勤講師)
受講資格 弊社にてご登録頂いている方、ご就労中の方。
○「貿易基礎講座 試験対策+実務理解 シリーズ」1~3の受講完了者

※今回の講座は専門性が高いため、貿易実務未経験の方はご遠慮ください。
定員 20名
受講料 無料
注意事項 申込締切日:9月12日(水) 
定員に達した時点で締め切らせて頂きます。

お申し込み後、研修担当より、確認のメールをお送り致します。

関連リンク 未登録の方はまずはこちらからご登録をお願いします(WEB仮登録) →
この講座に申し込む